無駄のない筋肉と体重管理

動物性タンパク質を含むドッグフードは、犬の無駄のない筋肉を発達させるのに役立ちますが、その与え方には注意が必要です。子犬に食事を与えすぎると、成長が早まり、骨格の発達の問題、過剰体重、過剰な脂肪細胞といった問題を引き起こす可能性があります。これらはみな、犬の健康問題につながり、寿命を縮める恐れがあります。子犬が適切な速度で成長することはとても重要なことなのです。

バランスのいいドッグフードを適量与えることで、成長速度を適切に保ち、無駄のない筋肉を持った、その犬種として適切な大きさの成犬に育てることができます。これによって、骨格にかかるストレスを減らすことができ、犬の健康を長期的にサポートすることができます。

 

しなやかな筋肉を維持するしくみ

ユーカヌバに含まれる、鶏肉やラム肉のような動物性タンパク質には完全なアミノ酸組成が含まれていて、強く無駄のない筋肉の発達を助けます。

 

子犬の肥満度合

puppy_weight_chart
  • やせ過ぎ
    突き出た肋骨の後ろで腰周りが細くくびれ、腹部が明らかにへこんでいる
  • 理想的な体重
    肋骨の後ろで腰周りがくびれて、腹部が引き締まっている
  • 太り気味
    腰周りはわずかにくびれているが目立たず、腹部は引き締まっている
  • 太っている
    腰周りはわずかにくびれるか全くくびれていない。腹部はたるみ、肋骨をたっぷりの脂肪が覆っている
puppy_weight_chart