下痢などの犬の消化器官の健康
ユーカヌバサポート
システムの概要

下痢などの犬の消化器官の健康

適切なフードを選ぶことで、愛犬の消化・吸収をサポートし、消化器官全体の健康維持に貢献することができます。

 

消化器の健康

腸の健康状態の変化は、多くの場合、下痢や嘔吐、 食欲不振によって気付きます。
さまざまな原因が考えられますが、一般的な原因と して腸内細菌の異常増殖、遺伝、基礎疾患の存在、炎症性腸疾患として知られる病気が挙げられます。 しかし、多くの場合は原因を特定することができま せん。


幸いなことに、これらの過敏症のほとんどは食事管理に反応を示します。適切なフードを選ぶことで、腸壁の状態をよい状態で維持し、善玉菌を増やすことで腸内細菌叢の正常なバランスを取り戻すと同時に、消化管の正常な運動、吸収および機能をサポートし、消化管全体の健康維持に貢献することができます。

 

吸収機能活性化のために必要な栄養素

■フラクトオリゴ糖
犬の腸管において善玉菌の増殖を刺激する自然由来のプレバイオティクス成分です。28日間与えるだけで80%の犬において栄養素の吸収を高め、消化管のバランスを改善し、体の中も外も最適な健康状態に導くことが臨床的に証明されています。犬の免疫系の70%が消化管に存在することを考えると、フラクトオリゴ糖は免疫防御力を高めるのにも効果を発揮する可能性があります。

■ビートパルプ(食物繊維)
ビートパルプなどの食物繊維やフラクトオリゴ糖のようなプレバイオティクスは、消化管の健康を維持し、腸管内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えます。これらの成分は、消化管に負担をかけないことのみを目的とした淡白な食事(鶏肉や米など)と比べ、より早く糞便の質を改善し、胃腸の健康維持をサポートすることは臨床的に証明されています。

■適正なバランスのオメガ脂肪酸
オメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸を適正なバランスで配合し、脂肪分を抑えた食事を与えるのも1つの方法です(脂肪の摂取は胃弱が悪化する場合があります)。

■動物性たんぱく質・炭水化物
腸の健康維持を目的とした食事では、高品質の動物性たんぱく質と消化しやすい炭水化物を供給する必要があります。
鶏肉、鶏副産物粉(日本では一般的にチキンミールあるいはフェザーミールと呼ばれます)、魚、鶏卵、米、トウモロコシ、オオムギおよびソルガムは、敏感な消化管に適した原材料の良い例です。

ユーカヌバなら健康な筋肉の維持をサポート

ユーカヌバは動物性たんぱく質が主原料。
100%完全かつバランスのとれた栄養と組み合わせることで、総合的に愛犬の健康維持をサポートします。

 

さらに、ユーカヌバなら
歯磨き効果で

口臭ケアもサポート
さらに、ユーカヌバなら歯磨き効果で口臭ケアもサポート