パッケージ画像 パピー ラム&ライス

Eukanuba パピー ラム&ライス

子犬用 全犬種用 ~12ヶ月まで 


内容量 800g / 2.7kg / 7.5kg


製品アイコン

製品の特長

  • 子犬の脳と視覚の健康的な発育子犬の脳と視覚の健康的な発育
    より賢くしつけやすい子犬に育てるために、最適レベルのDHAを配合。
  • 健康な皮フと美しい毛づやを維持健康な皮フと美しい毛づやを維持
    オメガ-6およびオメガ-3不飽和脂肪酸を適切なバランスで配合したオメガコート™を配合。
  • 健康を維持することで免疫力をサポート健康を維持することで免疫力をサポート
    安心の抗酸化成分レベルで健康を維持。
  • 健康的な消化の維持をサポート健康的な消化の維持をサポート
    消化にやさしい天然由来の食物繊維とプレバイオティックスのブレンドを配合。
  • 子犬の健康な骨と関節の発育をサポート子犬の健康な骨と関節の発育をサポート
    健康な骨と関節に必要不可欠な不飽和脂肪酸、カルシウムなどの栄養素を最適に配合。

原材料

肉類(鶏、七面鳥)、ラム肉、米、とうもろこし、小麦、動物性脂肪、大麦、ビートパルプ、魚油(オメガ-3不飽和脂肪酸とDHA源)、小麦グルテン、卵パウダー、酵母、大豆油(オメガ-6不飽和脂肪酸源)、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、フラクトオリゴ糖、ミネラル類(Cl、K、Na、P、Zn、Mn、Fe、Ca、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

●粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。
●輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。


1日の標準給与量目安

                                 
成犬時体重 2ヶ月齢 3ヶ月齢 4ヶ月齢 5-6ヶ月齢 7ヶ月齢 8ヶ月齢 9ヶ月齢 10-12ヶ月齢
  カップ g カップ g カップ g カップ g カップ g カップ g カップ g カップ g
2 kg 5/8 51 g 5/8 56 g 5/8 58 g 5/8 57 g 4/8 42 g 4/8 41 g 4/8 41 g 4/8 41 g
5 kg 1+1/8 97 g 1+2/8 109 g 1+2/8 114 g 1+2/8 114 g 1 93 g 7/8 82 g 7/8 82 g 7/8 81 g
10 kg 1+6/8 152 g 2 178 g 2+1/8 189 g 2+2/8 193 g 2 173 g 1+6/8 155 g 1+5/8 139 g 1+5/8 138 g
15 kg 2+2/8 202 g 2+6/8 238 g 2+7/8 256 g 3 261 g 2+6/8 242 g 2+4/8 225 g 2+3/8 206 g 2+1/8 187 g
20 kg 2+6/8 244 g 3+3/8 293 g 3+5/8 316 g 3+5/8 323 g 3+3/8 301 g 3+2/8 281 g 2+7/8 256 g 2+5/8 233 g
25 kg 2+7/8 255 g 3+5/8 314 g 3+7/8 340 g 4+1/8 363 g 4+3/8 381 g 3+7/8 345 g 3+4/8 310 g 3+1/8 276 g
200 ml = 88 g
代謝エネルギー 100g あたり393kcal

成分(保証分析値/分析値)

たんぱく質 26.0 %以上
脂質 14.0 %以上
粗繊維 2.6 %以下
灰分 8.4 %以下
水分 9.0 %以下
ビタミンA 18000 IU/kg
ビタミンD3 1100 IU/kg
ビタミンE 280 mg/kg
食物繊維 7.9 %

給与方法

※給与表を目安に給与を開始し、月齢や個体差、活動量に合わせ、月齢に応じた適正な体重を維持できるよう給与量を調整してください。また1日の給与量を1~数回に分けて与えてください。
※急いで食べてしまう傾向のある愛犬に対しては、のどにつまらせないように注意してください。
※新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。

給与対象

1~12ヶ月齢までの子犬用
この製品は成長期の子犬に適した総合栄養食です。ビタミンやミネラルなどのサプリメントを加える必要はありません。成長期の子犬用にミネラル成分を調整しているため妊娠期あるいは授乳期の犬への給与は推奨いたしません。離乳食として使用する場合は、ふやかして与えてください。

切替方法

フードの切り替えは急に行わず、新しいフードを少しずつ増やすように混ぜながら7~10日間かけて行ってください。