健康を維持することで免疫力の維持をサポート

プレバイオティックスは、子犬の消化管の中で自然な免疫の働きをサポートしています。子犬の免疫システムの約65%が消化管にあると言われています。

免疫システムは子犬の健康を維持するため極めて重要ですが、十分に発達するまでには時間がかかります。生後24時間の間に初乳を飲むことで子犬の体内に母犬の持つ免疫抗体が取り込まれ、4~8週間の間、子犬を保護してくれますが、その後、子犬の免疫システムは次第に低下していくため、生後4~12週齢は感染症に対して抵抗力の弱い時期になります。

ユーカヌバ製品には、ビタミンEやベータカロチンなど、健康を維持することによって子犬の免疫力を長期的に支えてくれる抗酸化物質が豊富に含まれています

子犬の免疫力の発達

なぜ抗酸化成分が大切なの?

ドッグフードに含まれる抗酸化成分と呼ばれる、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンのようなカロチノイドなどは、犬の健康を維持し免疫細胞の働きをサポートします。

プレバイオティクス(フラクトオリゴ糖)の重要性

ユーカヌバの子犬用製品には、子犬の免疫力の発達を助けるためにプレバイオティクスFOS(フラクトオリゴ糖)が含まれています。消化管は、子犬の自然な免疫の働きをサポートする上で重要な部分であり、免疫システムの約65%が消化管にあると言われています。その役割のひとつは、腸内細菌のバランスが維持することです。善玉菌の成長を助け、腸内環境を整えてくれるプレバイオティクスを含んだフードを子犬に与えることが大切です

プレバイオティックスの働き 犬の腸内(イメージ)

※参考
1. Swanson K, et al. J. Nutr 2002; 132: 3721-3731.
2. Hall JB, et al. Principles of Critical Care; 118. 

雪の日でも一緒に走ります

私の住んでいるノースダコタ州ファーゴは、冬はとても寒くなります。私が外に出掛ける準備ができていても、ペットオーナーが犬を外に出すには寒すぎると判断することもあります。子犬にはセーターを着せるペットオーナーもいらっしゃいます。どんな天候でも、私は走る準備をします。マイナス30度にもなるとかなり寒いですが、ここでは冬場でも歩道は除雪されていますので、私はどんなときでも走るようにしています。むしろ夏場は、犬種によって体が熱くなりすぎてしまうので注意が必要です。いずれにしても、一般的に外に出て動くだけで、犬にはとても良い影響があると思います

愛犬の運動させてくれる人の選び方

愛犬に運動をさせたくても時間がない、条件的に難しいなど様々な理由があると思います。そのようなペットオーナーは、私が行っているようなサービスを利用すると良いと思います。このようなサービスの利用を検討している方は、一度その人に会ってみるのが良いでしょう。あなたの愛犬を扱ったり、留守の時に家に来たりしますので安心して任せられる人でなければなりません。

愛犬の運動をさせてくれる人を選ぶ上で、ヒントとなる項目をいくつかを挙げてみました。

  • 信頼性を確認しましょう。何らかの保険に加入しているかどうかの確認、また照会先も聞いておきましょう。
  • よくコミュニケーションを取りましょう。あなたの仕事中に愛犬を走らせてもらうのであれば、あまり直接会う機会は少ないと思います。電子メール、電話など定期的に連絡を取り合えるようにし、最近の様子を時折報告してもらいましょう。
  • 情報を共有しましょう。愛犬の怪我や他の動物に対する接し方など、愛犬と一緒に運動する人が知っておくべき情報を忘れずに伝えておきましょう。
  • ペットシッターをしてくれるかどうかも聞いておきましょう。例えばRun That Muttという会社では、私の仕事の50%が普通のランニング、25%が散歩で、残りは、ペットオーナーが休暇などで留守の場合のペットシッティングとなっています。愛犬を走らせてもらうのに最適な人が見つかると、次に旅行する際に安心して愛犬を任せることができます!(しかも運動もさせながら!)

この記事は以前、http://www.exceptionalcanine.com/index.phpに掲載されたものです。