子犬期の免疫力の重要性

プレバイオティックスは、子犬の消化管の中で自然な免疫の働きをサポートしています。子犬の免疫システムの約65%が消化管にあると言われています。

免疫システムは子犬の健康を維持するため極めて重要ですが、十分に発達するまでには時間がかかります。生後24時間の間に初乳を飲むことで子犬の体内に母犬の持つ免疫抗体が取り込まれ、4~8週間の間、子犬を保護してくれますが、その後、子犬の免疫システムは次第に低下していくため、生後4~12週齢は感染症に対して抵抗力の弱い時期になります。

ユーカヌバ製品には、ビタミンEやベータカロチンなど、健康を維持することによって子犬の免疫力を長期的に支えてくれる抗酸化物質が豊富に含まれています

子犬の免疫力の発達

なぜ抗酸化成分が大切なの?

ドッグフードに含まれる抗酸化成分と呼ばれる、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンのようなカロチノイドなどは、犬の健康を維持し免疫細胞の働きをサポートします。

プレバイオティクス(フラクトオリゴ糖)の重要性

ユーカヌバの子犬用製品には、子犬の免疫力の発達を助けるためにプレバイオティクスFOS(フラクトオリゴ糖)が含まれています。消化管は、子犬の自然な免疫の働きをサポートする上で重要な部分であり、免疫システムの約65%が消化管にあると言われています。その役割のひとつは、腸内細菌のバランスが維持することです。善玉菌の成長を助け、腸内環境を整えてくれるプレバイオティクスを含んだフードを子犬に与えることが大切です

プレバイオティックスの働き 犬の腸内(イメージ)

※参考
1. Swanson K, et al. J. Nutr 2002; 132: 3721-3731.
2. Hall JB, et al. Principles of Critical Care; 118.