お腹の健康維持をサポート

成長期には、成犬期よりもより多くのエネルギーや栄養を必要とします。しかし、子犬は消化能力が低く、口や歯は小さく、フードの摂取量や消化できる量も限られています。また消化性の優れたフードを与えることが、子犬が固形食に早く慣れるために重要です。

ユーカヌバが考える栄養

ユーカヌバ製品には消化を助けるビートパルプが含まれています。ビートパルプは腸内の細胞に栄養を与え、健康的な消化を維持し、糞便の状態を良くします。また、ビートパルプは栄養の吸収を助け、糞便の量を軽減します。

ビートパルプとセルロースの働き※1
異なる種類の繊維を摂取した時の糞便スコア※2

食べ過ぎにより、消化不良が起こることがあるため、下痢や嘔吐がひどい場合は、できるだけ早くかかりつけの獣医に相談してください。

  • 子犬のフードは、家に迎えて最初の数日間はフードを変えないようにしましょう。この時期にフードを変えると、子犬にストレスを与えてしまう場合があります
  • フードの切り替えは急に行わず、新しいフードを少しずつ増やすように混ぜながら7~10日間かけて行ってください
  • ビタミンやミネラルなどのサプリメントを加える必要はありません。栄養を取りすぎてしまうことは子犬にとって良くない場合があります
  • 健康な消化を維持することが臨床的に認められているビートパルプを含むフードを選ぶようにしましょう
参考:
  • 1. Hallman JE, et al. Cellulose, beet pulp and pectin/gum arabic effects on canine colonic microstructure and histopathology. Vet Clin Nutr 1995; 2: 137-142.
  • 2. Sunvold GD, et al. Dietary fibre for dogs: IV. In vitro fermentation of selected fiber sources by dog fecal inoculum and in vivo digestion and metabolism of fiber supplemented diets. J Anim Sci 1995; 73: 1099-1109.