健康を維持するための栄養と原材料の関係

ユーカヌバは犬の健康と長生きのために献身的な取り組みを続けています。45年以上にわたる研究によって証明されたユーカヌバ™の栄養が最高のコンディションと犬本来のあふれる元気を引き出します。

  • 健康を維持する
  • 運動量に合わせて設計されている
  • ライフステージに合わせて設計されている
  • ライフスタイルに合わせて設計されている

タンパク質
鶏副産物粉を使用

ユーカヌバのチキンベースの製品に含まれているチキンタンパク源は、精製するためのプロセスを追加することで、タンパク質の品質をさらに高めています。鶏肉、チキンミール、鶏副産物粉は、どれも優れたタンパク源です。これらのタンパク源には犬に必要な必須アミノ酸が自然な形で含まれています。

チキンベースの製品には鶏副産物粉を使用しており、これには、タンパク質、脂肪、鉄などのミネラルのように、犬の健康維持に欠かせない、栄養が豊富に含まれた内臓も含まれています。骨粉は、カルシウムなどのミネラル源であり、軟骨は、天然のグルコサミンとコンドロイチン硫酸塩を供給してくれます。ドッグフードの中には鶏副産物を使用していないことを強調した製品もありますが、鶏副産物は犬に必要な栄養を供給してくれます。ユーカヌバでは、犬にとって必要な栄養は何かをよく考え、ペットオーナーの皆さまに理解していただく活動に力を入れています。

なぜ鶏副産物粉を使用しているのでしょう?

  • 凝縮されたタンパク源である
  • 脂肪や、鉄などのミネラルの供給源である
  • 筋肉量の維持をサポートしてくれる
  • 代謝プロセスを強化してくれる
  • 10種の必須アミノ酸を供給してくれる
  • 皮フと被毛の健康を維持してくれる
  • 関節の健康維持をサポートするグルコサミンとコンドロイチン硫酸の天然の供給源である

食物繊維
ビートパルプ

私たちはこれまで様々な種類の食物繊維について、広範な研究を行ってきました。その結果、適度に発酵する食物繊維であるビートパルプが、腸の健康を維持し、他の栄養素と共に働き、ユーカヌバ製品において最適な栄養として機能してくれることが分りました。(ユーカヌバでは、この適度に発酵するビートパルプの特許も取得しています。)
ビートパルプはてん菜から砂糖を抽出した後に残るもので、レッドビート(赤カブ)ではありません。ビートパルプは食物繊維としてドッグフードやキャットフードに活用されています。

適度に発酵する食物繊維

食物繊維は、発酵しないものと発酵するものに分けられます。発酵しない食物繊維は、腸内を通過しても消化されず、老廃物の排出を助ける繊維質として働きます。セルロースは、発酵しない食物繊維に分類されます。発酵する食物繊維は、腸内で短鎖脂肪酸に分解され、腸の内壁を覆う細胞にエネルギーを供給してくれます。

ビートパルプなどの適度に発酵する食物繊維は、老廃物の排出を助ける繊維質と、腸の内壁を覆う細胞へのエネルギー供給の両方の働きをしてくれます。

なぜビートパルプ使用しているのでしょう?

  • 適度に発酵する食物繊維である
  • 短鎖脂肪酸の生成を促進してくれる
  • 腸の粘膜細胞にエネルギーを供給してくれる
  • 栄養の消化吸収を助け、しっかりした糞便を形成してくれる

炭水化物
ソルガム、大麦、米、コーンミール

ユーカヌバの研究によって、炭水化物源を組み合わせることにより、炭水化物が消化されやすくなり、エネルギーレベルの維持を助けてくれることがわかっています。

ユーカヌバ製品には、多様な炭水化物が含まれています。

ソルガム マイロとも呼ばれるグレインソルガムを破砕、細挽きし、加熱してからフードに加えます。この炭水化物源は、必須アミノ酸と持続型のエネルギーを供給してくれます。
大麦 ユーカヌバでは、全粒大麦を高温で加工し、細挽きしてフードに加えています。大麦は血糖値を上げにくく、エネルギーの持続を助けてくれます。
精製した白米を、高温で加工すること、消化に最適な状態に仕上げています。米は体内ですぐに利用できる優れたエネルギー源です。
コーンミール ユーカヌバでは、高品質のコーンミールを使用しています。コーンの粒を細挽きして外皮を破砕したうえで加熱し、消化に最適な状態にしています。コーンミールはエネルギーを持続させ、重要なアミノ酸を供給してくれます。

なぜ炭水化物をブレンドするの?

  • 炭水化物がゆっくりと均等に分解されるため、食後の血糖値レベルが適度な安定状態に保たれる
  • 必要応じて(すぐに、または持続的に)エネルギーを供給してくれる
  • 時間差をおいて消化される
  • 必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルを供給してくれる
  • 優れた食物繊維源でもある

コーンミールとコーングリッツ

ユーカヌバ製品は、最高品質のコーンだけを使用しています。ホールコーンではなく細挽きの粉にしているため消化しやすくなっています。この加工法により、ユーカヌバ製品に使用されているコーンミールは、軸付きトウモロコシのイメージではなく、コーンブレッドに使われているコーンに近いと言えます。

挽トウモロコシは、98%が消化され、繊維は2%にも満たないことが科学的研究で明らかになっています。そのため、多くの栄養がそのまま犬の消化管に運ばれ、上質の炭水化物が不可欠のエネルギー源として供給されます。ユーカヌバ製品では、最適な消化のために、コーングリッツとコーンミールの両方を使用しています。

コーングリッツ 食物繊維もタンパク質もほとんど含まない、粗挽きトウモロコシの固くザラザラした部分で、ユーカヌバ製品では優れたエネルギー源として使用されています。
コーンミール ユーカヌバでは、高品質のコーンミールを使用しています。コーンの穀粒を細挽きして外皮を破砕したうえで加熱し、消化に最適な状態にしています。コーンミールはエネルギーを持続させ、重要なアミノ酸を供給してくれます。

なぜコーンミールやコーングリッツがいいの?

  • 米よりも血糖値およびインスリンの反応が緩やか
  • 必要な栄養素を効率的に供給し、無駄が少ない
  • 血糖の変動を最小化する
  • 持続的にエネルギーを供給する

消化器官について

フラクトオリゴ糖(FOS)
消化管で善玉菌と病原性細菌のバランスを維持することは、健康のためにとても重要です。プレバイオティクスを含むフードを与えると、腸内細菌のバランスの改善に役立つことが研究によって明らかになっています。プレバイオティクスは消化されない成分ですが、犬の健康に有益な消化器官の善玉菌の成長と活動を促進してくれます。ユーカヌバのすべてのドッグフードには、自然のプレバイオティクス繊維であるフラクトオリゴ糖が含まれています。

ユーカヌバでは、犬の健康は体の内側から始まると考えています。消化器官の主な機能は栄養の吸収です。犬が食べたフードは消化器官で消化吸収されますが、このプロセスにおいて消化器官は体の他の部分を守る働きをします。善玉菌と病原性細菌の適切なバランスをとることで、プレバイオティックス(FOS)は胃腸の健康維持し、免疫・防御機能を強化してくれます。

なぜFOSがいいの?

  • 消化を助ける
  • 天然の食物繊維
  • 細胞にエネルギーを供給する短鎖脂肪酸を生成する

歯の健康維持について
ヘキサメタリン酸(HMP)ナトリウム

ユーカヌバ成犬用フードのキブルはよく噛むことで歯と歯ぐきの健康を維持します。さらに、ヘキサメタリン酸(HMP)ナトリウムが含まれており、よく噛むことにより歯垢・歯石の形成を抑えます。

歯は、消化プロセスにおいて重要な役割を果たします。しかし、フードを嚙み砕くことにより、食べかすが歯の表面に蓄積し、細菌の住処となります。食べかすや細菌が蓄積したものは「歯垢」と呼ばれます。歯垢は定期的に歯磨きをすることで簡単に取り除くことができます。

歯垢をそのままにしておくと、ミネラルの沈着によって硬化します。これが、「歯石」と呼ばれるものです。歯石は茶色や濃い黄色をしており、簡単に取り除くことはできません。そのままにしておくと、歯垢は歯ぐきにダメージを与えたり(歯肉炎)、あごの骨や歯を損なってしまったりする場合があります(歯周炎)。

HMPが含まれたユーカヌバのドッグフードを毎日与えると、キブルを噛むことにより歯石の蓄積が抑制されることが研究によって明らかになっています。※

※マイクロクリーニングクリスタル技術を採用したユーカヌバ アダルト製品と、この技術を採用していない製品との歯石の抑制度を比較した場合

なぜヘキサメタリン酸ナトリウムがいいの?

  • 歯磨きをしない間に蓄積される歯石を抑制してくれる
  • 歯磨きの間に蓄積される歯石を抑制してくれる
  • フードの栄養やキブルの大きさに影響されることなく、歯の健康を維持する
  • フードを噛んでいる時だけではなく、フードを食べている最中、食べた後にも清潔な歯、健康な歯ぐきを維持する