フードに他の食べ物を加えることについて

なぜドッグフードに他の食べ物を加えない方が良いのか

人間の食事とは違い、ドッグフードに他の食べ物を加える事は好ましくありません。重要な栄養素の吸収を妨げ、胃の調子を悪くし、骨格形成において問題を引き起こすことがあるからです。その理由をご説明します。

犬にはバランスの取れたフードが必要

現代人の食事では健康に必要なビタミンをすべて摂取することができないことが多いため、人によってはビタミン剤などのサプリメントを摂取することがあります。

一方で、ユーカヌバのような高品質のドッグフードを食べている犬は、毎日の食事でバランスの良い栄養を摂取することができるため、フードにサプリメントなどを追加する必要はありません。

「もっとおいしくしてあげたい。」「食事のバラエティを増やしてあげたい。」「愛犬のために料理をしてあげたい。」などの理由でドッグフード以外の食べ物を与えるペットオーナーもいるでしょう。しかし専門家は、おいしくて愛犬の栄養要求を満たしてくれるドッグフードを選ぶことを推奨しています。人間が食べている食べ物を与えすぎて愛犬がドッグフードを食べないのであれば、愛犬の健康のために人間の食べ物を与えないことをお勧めします。

詳しくは「健康的な食事習慣」をご覧ください。

なぜドッグフードに他の食べ物を加えることが犬の健康を害するのか

薬物が人間に有害な反応を引き起こすのと同様に、「人間の食べ物」が犬に有害反応を引き起こすことがあります。例えば、リンとカルシウムの比率のバランスが崩れると、犬の体は骨からカルシウムを出して比率を正そうとします。高齢犬の場合、他の食べ物を加えると、下顎からの骨の再吸収によって歯が失われる恐れもあります。

大切なことは、子犬期から年齢を重ねて高齢になってもバランスの取れたフードを食べることが必要だということです。ユーカヌバはこの栄養ニーズを満たし、愛犬の毎日の健康維持のお手伝いをします。