愛犬とサイクリングする方法

自転車で愛犬と一緒に走る時に最も注意すべきことは、あなた自身や愛犬そして周りの人への安全です。

まず、あなた自身の安全を確保するため、犬が引っ張る力を自転車の重心の低いところに持っていくためにリードの取り付け具などを準備すると良いでしょう。リードを手にもって自転車に乗ると下記のような問題のリスクがあります。

  • 犬にリードを強く引かれてしまい、思わず手から離してしまう
  • 犬が横方向に引っ張りハンドルを取られてしまう
  • ハンドルが引っ張られることで自転車が急に方向転換してしまう

ブレイクアウェイ(強い力がかかると外れる) リードを使用する

普通のリードを使っている時に、愛犬が障害物の向こう側に走ってしまうこともあり得ます。もしその障害物がポールや木などの固いものの場合、衝突してしまう恐れがあります。もしその障害物が他の人や他の生き物であれば、みんなを巻き込んだ悲劇となりかねません。これのような事故を避けるため、自転車で一緒に走る際は、ブレイクアウェイ(強い力がかかると外れる) リードの使用をお勧めします。さらに、事故や突然の停止・方向転換などリスクは常にあるので、自転車に乗る人はヘルメットを着用することが不可欠です。

首輪ではなくハーネスを使用する

愛犬の安全のため、自転車で走る際は、チェーンカラーやヘッドカラーなど締め付けタイプの首輪を使用してはいけません。(愛犬に引っ張らせるのはさらに危険です) このような首輪を装着させて自転車で走るのは非常に危険です。そのため、常に体につけるハーネスを装着することをお勧めします。ハーネスを装着したら、こすれている箇所などがないように頻繁に体の状態を確認しましょう。

愛犬の足裏の状態をチェックする

愛犬が舗装された道路(や舗装されていない道でも)を長時間走ることにあまり慣れていないようであれば、肉球を強くして慣らすために、ある程度の調整期間が必要かもしれません。足裏も頻繁にチェックしてあげましょう。

愛犬を常に観察してください

犬は人間のようには汗をかきません。ハァハァと息をすることや、肉球を通して熱を逃がなどで体温調整します。毛の長い犬、鼻が短い犬(ボクサーやパグなど)、足の短い犬(ダックス、バセットハウンド、コーギーなど)は、他の犬種に比べて体温が高くなりすぎる危険性あります。ご自身と愛犬用に十分な水を携帯して、常に愛犬を観察するようにしましょう。

落着きがなかったり、衝動を上手に抑えることができない犬、速く動くもの(他の自転車、コース上にいる鳥やリスなどの生き物)にすぐ刺激される犬は、自転車で一緒に走ることには向いていません。こちらに注意を向ける合図(愛犬の呼び名で注目させるなど)によく反応し、飼い主の指示への反応が良い犬は、サイクリングのパートナーとして最適でしょう。

この記事は以前、http://www.exceptionalcanine.com/index.phpに掲載されたものです。