ユーカヌバ ドッグ
あなたの犬に適したドッグフードを見つけるには、“詳細を見る”をクリックしてください。
詳細を見る
 

犬と猫を一緒に買う場合のコツ|犬のトレーニングとしつけ

名前を付ける 子犬に名前を付けるときは、次のアドバイスを参考にしてください。 名前は短いほうがいいでしょう。1音節の「まて」や「おすわり」などと混同しないよう、2音節以上の名前が適切です。 家族全員が同じ名前で呼ぶことも重要です。色々な名前で呼んだり、紛らわしいニックネームを付けるのもやめましょう。 犬が自分の名前を覚えたら、思いきり褒め、たくさん遊んであげましょう。…

あなたに合った子犬の選び方|犬のトレーニングとしつけ

あなたに合った子犬の選び方 キッチンのテーブルの下にもぐり込んでビーグルと遊びながら、あなたは育ったかもしれません。交際中だったときのあなたの奥さまが、人間のように振る舞うスヌーピーに夢中だったかもしれません。犬にまつわる思い出がどんなものであれ、あなたは犬を飼うことに決め、ブリーダーのもとへ子犬を選びに行こうとしています。でも、車を走らせ、クレジットカードで支払いを済ませる前に、家族に合った犬を選ぼうとしているのかどうかをもう一度考えてみてください。 犬はどんなペットよりも世話に時間がかかる動…

犬の分離不安を和らげる方法|犬のトレーニングとしつけ

入学した大学の寮の駐車場から両親の乗った車が出発した瞬間、ひとりぼっちになってしまったような気分の襲われたことはありませんか?幼稚園のスクールバスの昇降口のステップを、子どもが初めて一生懸命のぼって行くのを見送った時、少し取り残されたような気持ちになりませんでしたか?人によって場面は違うものの、分離不安を感じない人は存在しません。孤独という感情にほとんど理屈はありません。誰かの近くにいたい、手放したくないという気持ちは避けることができないのです。人間は、そのような感情がわき起こる理由をなんとか理…

子犬のトイレトレーニングとしつけ|プレミアムペットフードのユーカヌバ

トイレに連れて行く。トイレの躾けの基本 人間と同じように、子犬が最も成長するのは、はっきりと一貫した指示を受け、それに対する正しい行動を褒めてもらったときです。躾けの開始にあたって、まずは基本的なことから見ていきましょう。 子犬ははっきりと一貫したルールでないと理解できません。そして、そのルールを決めるのはあなたの仕事です。 ここでは、まずトイレの場所を決めてください。決められた場所で「初のトイレ」を終えると、子犬は次回からもそのにおいを頼りに、向かうべき目的地を特定するようになります。 次に、…

子犬のしつけ教室の選び方|トレーニングとしつけ

犬を飼っているユーカヌバの人間は、ほとんどが折に触れて子犬のしつけ教室を利用しています。良いしつけ教室はとても楽しく、ためになり(すばらしい!)、あっという間に子犬が(ほぼ)どんな指示にも従順に従うようになります。ここではコースに含まれているべき内容と、あなたのお住まいの近くで受けられるコースの探し方について説明しましょう。 コースに含まれているべき内容 子犬のしつけについて組織的なトレーニングを受けると、あなたが自宅で教えるレッスンが充実したものになり、必要な事柄がきちんと身につきます。総合的…

犬の破壊行動への対処方法|犬のトレーニングとしつけ

コート、バッグ、靴(特に靴)、おもちゃ、テニスボール、電気コード、戸棚の扉、椅子の脚、猫用のドア等々、しつけされていない子犬を野放しにしておくと、何でもかじられてしまいます。子犬を飼っているユーカヌバのチームメンバーも、ほとんどがこうしたことを経験済みだと思います。ここでは、子犬がいろいろなものをかじる理由とその対処方法についてお話しします。 理由1. 歯が生えてくる 子犬の乳歯は生後3~6か月頃に抜けかわります。乳歯があった場所に永久歯が生えてくると、それに伴う痛みを和らげるために、ものをかじ…

子犬と他の動物を一緒に飼う場合の注意点|犬のトレーニングとしつけ

他のペットに紹介する すでに他のペットがいる場合は、次のように子犬に紹介します。 徐々に行います。最初の数日間は別々の場所で過ごさせましょう。 子犬をクレートに入れて(または拡張可能なゲートで仕切って)、初めての対面の様子を見守ります。 お互いのにおいを嗅ぎあって数日経過したら、子犬をクレートから出し、他のペットと同じ空間に入れます。…

犬と子供の遊ばせ方|犬のトレーニングとしつけ

子どもたちとの対面 子どもたちを新しくやってきた子犬と遊ばせても、何の問題もありません。ただし、最初のうちは目を離さず、遊ぶ時間を15分~20分、1日2、3回に限定してください。その他にも、子どもたちに教えておく必要のある基本的なルールがあります。 犬をからかったり、乱暴に遊んではいけません。尻尾を引っ張ったり、いじめたりすると、跳び付きなどの悪い癖が付いてしまうことを子どもたちに教えましょう。 子犬は優しく扱うことです。子犬がいけないことをしても、決して怒鳴ったりしてはいけません。犬が大きな音…

子犬との生活に向けた準備|犬のトレーニングとしつけ

子犬との生活に備える 子犬を初めて家に迎える日――それは本当に特別なものです。きっと、誰かれかまわずいろいろな人に子犬を見せたくなってしまうでしょう。子犬に家中を見せてまわったり、新しいおもちゃだって与えくなるかもしれません。とはいえ、そうした「歓迎の儀式」の前に、まずは子犬を迎える準備を整えることが先決です。つまり、子犬のスペース、飼い主と過ごす空間、庭などの場所が、子犬にとって安全でなければなりません。必要なものを前もって用意しておくほか、子犬のしつけに関する本を読んでおけば、ある程度の心構…

リードをつけての散歩と服従の教え方|犬のトレーニングとしつけ

子犬の成長過程で、独立心が芽生え、性格がはっきりしてくる時期は、生涯の中でも特に素晴らしい時期のひとつだと思います。しかし(また「しかし」?)、さまざまな成長の中には、飼い主の忍耐力が要求されると思われるものもあります。ここでは、この時期に予想されることとその対処のしかたについて説明しましょう。 あなたの権威が問われるとき 生後4~6か月の子犬は、母親から離れて好きなようにしたいという気持ちが強くなります。野生であれば巣穴から出て、周囲の野原を探索し、小動物を狩る方法を学んだりする時期でしょう。…